「食と文化の謎」

「食と文化の謎」

https://amzn.to/2GdAzIZ

脂肪摂取を制限したことによってアメリカ西部海岸の初期探索者が襲われた未知の危険現象

それが「ウサギ飢餓」

人類学に興味がある人は少ないだろうけど…

コメント欄でお声がけがあればウサギ飢餓について解説します

12:17 – 2019年2月6日

【オーストラリアのピチャンジャラ族】

食と文化の謎
http://amzn.to/2GdAzIZ

ピチャンジャラ族は
しとめたカンガルーに近づくと、肉に脂肪がどれだけついているか尻尾で調べ
その様子がかんばしくない場合は、食べずにそのまま捨てていく

脂のない肉ばかり食べていると餓死する危険があるから

15:22 – 2019年2月6日

≪フォロワーさんのリプライ≫
マミー☆ダイエット垢

先生😊ご機嫌よう〜
昨夜うさぎ飢餓、少し調べて読んでみました。狩猟採集民族の歴史…自分達で身を守ることをちゃんと知っていたんですね。先生が先日仰っていた人類学、実にダイナミックでした、感動。不可解ではなく、彼らには理にかなった行動だったのですね。脂質が肝❣️

15:29 – 2019年2月6日

食と文化の謎
http://amzn.to/2GdAzIZ

ぜひ読んで欲しい一冊です
タンパク質重視に動くのはいいですけど

・「桶の理論」余剰アミノ酸はエネルギーに変わるだけ
・「インスリンインデックス」肉を食べてもインスリンが出る

そして
・「タンパク質節約効果」
について人類学から考えてみてもいいかと

15:41 – 2019年2月6日

【米国大平原地帯の古代の野牛狩りの跡】

食と文化の謎
http://amzn.to/2GdAzIZ

殺した野牛の数か所だが持ち去られており
その部分は食べられたと思われるが
そのほかの部分は食べられもせずにたおした場所にそのまま置き去りになっている

脂けのない肉ばかり食べていると餓死する危険があるから

16:05 – 2019年2月6日

【家畜と野生動物の脂肪分】

食と文化の謎
http://amzn.to/2GdAzIZ

🐇ウサギ飢餓の基礎知識

・穀物、魚粉、成長ホルモン、抗生物質で工業生産した家畜の脂質は30%以上

・アフリカ野生草食動物15種の脂質は3.9%

野生動物の脂質は家畜の13%

ウサギ、カンガルー、野牛はいずれも脂質が少ない赤肉

16:56 – 2019年2月6日

【ウサギ飢餓】
食と文化の謎
http://amzn.to/2GdAzIZ

普通の脂肪量の食事から
急にウサギの肉だけの食事にかえると
最初の数日間、食事の量はどんどん増え
約一週間後には、最初の3倍から4倍食べるようになる

その頃には、飢餓と蛋白毒の症状がでている

幾度も食事をする

(続く)
23:19 – 2019年2月6日

【ウサギ飢餓2】
食と文化の謎
http://amzn.to/2GdAzIZ

食べても食べても空腹を感じる
食べ過ぎのため胃が膨れて、気持ちが悪くなりたまらななくなり
漠然とした不安を覚えるようになる

1週間から10日後に下痢がはじまり、脂肪をとらない限りとまらない

数週間後、死が訪れる

23:25 – 2019年2月6日

【ウサギ飢餓3】
食と文化の謎
http://amzn.to/2GdAzIZ

長年肉食のみで暮らした
ヴィルヤルマー・ステファンソン
https://bit.ly/2UK6y6z

は完全肉食は「肉に脂肪が多い場合のみ成立する」と警告している

鳥のささ身とかプロテインばかりじゃなければ
通常脂肪を摂らない状態にはならないけどね

14:26 – 2019年2月7日

ちなみにグースのビュッフェ写真見てわかるように僕は野菜嫌いだから高脂質食なわけじゃないよ
ベジタリアン的な食生活も(やらないけど)やろうと思えばできる

人類学的に見て/ヒトの体の構造上
野菜が主食として適していないから敢えて摂ってないだけ
腸の長さと食性についての図は以前載せた

2019年2月7日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする